2006年09月30日

手付金の制限

前回に続き、手付金のお話。


売主が業者で買主が一般の人の場合

買主が支払う手付金は代金の20%までです。

業者は代金の20%を超える金額を受け取ってはいけません。

1000万円の物件なら200万円までです。


もし仮に20%を超える手付金を支払ってしまったら

手付金の放棄による解除はどうなるのか?

1000万円の物件に300万円の手付金を支払ってしまった時

200万円は放棄ですが、100万円は返還されます。


手付金には契約を解除できる解約手付けと
  (買主は手付けの放棄、売主は手付けの倍返し)

契約を解除出来ない、証約手付けというのがあります。

業者と契約をした場合、全て解約手付けとなります。

特約で明記されても、買主に不利な特約は無効となります。

但し、

一般の人と一般の人との契約ではこの限りではありませんので

注意してください。




【関連する記事】
posted by ようこ at 10:20| Comment(5) | TrackBack(0) | 手付金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たまに、手付けをたくさん要求する業者がありますが、
手付けはあまりたくさん払わないほうがいいですね。
Posted by 日本一のみかん農家 at 2006年09月30日 22:10
わかりやすいです!拍手♪♪
「そうなんだぁ」と頷きながら拝見してしまいました。
いつも分りやすい情報を有難うございます^−^
何も分らない私にとって参考書以上です♪
Posted by ナオ at 2006年10月02日 16:10
勉強になりました。

知らないと、後で損をしてしまうことが
ありますね。
Posted by 田んぼのWEB-P岩波 at 2006年10月03日 02:20
ようこさん、こんにちは。

不動産屋さんの場合と、建築屋の場合とでは、多少、契約の内容に違いがありますよね。
売買契約と請負契約の違いかな?
Posted by at 2006年10月03日 21:51
【日本一のみかん農家さん】
 業者が20%を超える手付金を要求する行為は
 宅建業法違反です。
 でもその行為が違反かどうか一般の人が
 知らない場合がありますよね。

【ナオさん】
 ブログを書く時、簡潔に書くことを心がけています。
 わかりやすい、と言っていただけると
 とても嬉しいです♪
 
【岩波さん】
 係争になれば、損害を免れることもありますが
 大抵は知らない間に損をしていることが
 多いのではと、個人的には思います。

【直さん】
 不動産業者は民法とあわせて宅建業法の遵守があります。
 宅建業法は一般の方を守る意味あいが強いと思います。
Posted by ようこ at 2006年10月04日 13:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24652670

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。