2006年05月15日

相続税の猶予と免除

 私が買収する土地は田畑が多いです。

 田畑を相続する時には、こんな特典(といっていいかしら・・・)

 がつく場合があります。

 相続税の猶予 

 相続税の猶予があるから売りたくない!

 という地主さんがいますが


 チョット待って。

 誤解されてる方が結構いらっしゃいます。

 田畑の相続税の猶予には次の条件が必要です。



  @ 相続人が農業委員会が認めた農業従事者であること

  A 市街化調整区域の農地であること

  B 市街化区域の生産緑地の指定をうけていること

 
  @は絶対条件で、AとBで猶予期間が変わってきます。
 
  Aに該当していれば、相続税の猶予は20年です。

  20年経過した日、もしくは被相続人の死亡時に相続税は

  免除されます。

  但し、この期間中に売却すれば猶予利子を足して相続税を

  払わなければいけません。

  なので、この期間中に売ってもらうことは、やはり難しいですね。

  但し

  農地の20%までの売却なら猶予は認められます。


  次が問題です。
  
 
  Bに該当していれば、平成4年1月1日以降に発生した相続に

  おける相続税の猶予は20年ではなく、一生涯となります。

  死ぬまで農業従事者であり続けなければなりません。

  (平成3年12月31日までなら20年の猶予です)


  私が買収する田畑はAに該当するものはありません。

  市街化調整地域は原則、宅地開発ができないからです。



  Bに該当する地主のみなさま、もう一度相続された年を

  ご確認くださいませ。

  あなたの子供さんは、一生涯農業を続けれますか?



 ちなみに
 
  相続税の猶予とは、農地にかかる相続税が猶予される

  ということでその他の不動産、動産にかかる相続税は

  猶予されません。

     (当然といえば当然ですが、お間違えなく)


posted by ようこ at 00:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 相続税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。