2006年09月30日

手付金の制限

前回に続き、手付金のお話。


売主が業者で買主が一般の人の場合

買主が支払う手付金は代金の20%までです。

業者は代金の20%を超える金額を受け取ってはいけません。

1000万円の物件なら200万円までです。


もし仮に20%を超える手付金を支払ってしまったら

手付金の放棄による解除はどうなるのか?

1000万円の物件に300万円の手付金を支払ってしまった時

200万円は放棄ですが、100万円は返還されます。


手付金には契約を解除できる解約手付けと
  (買主は手付けの放棄、売主は手付けの倍返し)

契約を解除出来ない、証約手付けというのがあります。

業者と契約をした場合、全て解約手付けとなります。

特約で明記されても、買主に不利な特約は無効となります。

但し、

一般の人と一般の人との契約ではこの限りではありませんので

注意してください。




posted by ようこ at 10:20| Comment(5) | TrackBack(0) | 手付金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

手付金の放棄と履行の着手

今朝、知り合いの地主さんから電話がありました。

「あんたのブログ見つけたで。

 この間ボクと話したことブログに書いて欲しいねんけど。」


私のブログ見つけた、ってどういうこと?

特に誰にも言っていないブログを一体どうやって見つけたの?

真相は最後に。


この地主Tさんが書いて欲しいと言ったのは手付金のことです。

Tさんは自分の敷地に息子夫婦の家を建てようとA社と建物の

売買契約を結び、手付金10%を支払いました。

が、どうやら息子さんは気にいらない様子でB社の家にしたい模様。

そこでTさんはA社との契約を解除し、B社と契約しようとしましたが

A社より手付金は返せません、と言われました。

これって、アリ?


売買契約で手付けを支払った場合

 買主は手付けを放棄して契約を解除できます。

 売主は手付けの倍額を払って契約を解除できます。

但し、

 相手側が履行に着手いていれば、手付金による解除は

 できません。


履行の着手とは

 @ 建築材料を発注、又は建築の着工。

 A 契約に基づいた土地の分筆。

 B 物件の引渡し、又は所有権移転登記。

 C 中間期の支払い。

 D 契約した建物用の家具の購入。   など。


Tさんは、もう少しで@に該当するところでした。

そうなれば、手付金の放棄で解除はできず、材料費や損害賠償を

請求されることにもなります。

業者と契約する際には必ず、重要事項説明書が交付され

明記してありますので、確認しましょう。

    
    ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

 Tさんがどうやって私のブログを見つけたか。

 YAHOOの検索で、たまたま税金のことを調べている時

 「譲渡税特別控除」 というキーワードで見つけたそうです。

 試しに検索して本当にビックリしました!!

 31万件中、なんと!!2番目に私のブログがありました!!!

 なんでぇ〜〜〜〜〜。

 
posted by ようこ at 17:51| Comment(7) | TrackBack(0) | 手付金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。