2006年10月20日

未成年者の契約の取り消し

昨日は 宅建協会女性部会のセミナーに参加しました。

熟女の集まりですexclamation×2

最近、いくつかのセミナーに参加することがありましたが

私、大抵 年長者です・・・・・。

ところが、今回に限り 最年少とはいわないけれど まちがいなく

年少者です!!!わーい(嬉しい顔)

それくらい、熟・熟・熟女でした〜。

講演の内容は

   『景気回復は関西のオバちゃんのパワーで』


まさにオバちゃんパワー全開のセミナー。

講演が始まる前の、熟女との雑談でのことです。


ある地主さんの土地が係争中で売るに売れない状況にあり

困っているということ。


というのは

自分の土地を 孫(18歳)が無断で実印を持ち出し、

勝手に売買契約を結び、

代金を孫が受け取り、

買主が所有権の移転登記をしてしまった、というんです。


民法では、婚姻のしていない20歳未満は未成年者とされ

法定相続人の同意のない契約は取り消すことが出来ます。

この地主さんの場合、孫が勝手にやったのですから 当然

誰も、契約の同意はしてません。

ですから、この契約を取り消して 土地を取り戻すことが

出来るのですが、実際にはそう簡単には進まないのです。

地主さんは

 @ 孫が未成年者で法定相続人の同意なしで行った契約である

 A 実印を無断使用され、無権利者である孫から所有権を
   取得できない

と主張し、一方 買主は

 @ 孫が未成年者だとは知らなかった

 A 孫が地主の代理人であるとウソをつかれた

と、土地を返すつもりはないようです。


法律は、違反をする前なら

「この行為は法律違反なのでやってはいけません」

といわれます。

でも、法律違反をしてしまった後なら 問題が起きた時

違反だったかどうかを検証しなければならないのです。

なんかヘンな話ですが、詐欺は犯罪ですよ、というくせに

実際、詐欺にあっても その行為が詐欺行為かどうか立証しないと

罪に問えないんです。


この地主さんも裁判で検証中です。

ちなみに、未成年者が未成年ではないとウソをついた時の契約は

取り消すことができません。


土地を取り戻すまで、ちょっと時間がかかりそうです。たらーっ(汗)
posted by ようこ at 23:18| Comment(9) | TrackBack(0) | 民法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。