2006年10月25日

取得時効

今日、母がいきなり
 
 「こんなん出てきたけど もう時効やなあ」

と、3年前に行った 法事の際の食事代の請求書を見せました。



   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆



『この話はもう時効やね』 という会話は日常でも使われます。

ニュースでも 『本日で時効が成立しました』 と時々聞きます。

時効成立は債務や罪が消えるというイメージですが

不動産では時効により自分のものに出来ることがあります。

他人の物を自分の所有物にする意思を持って占有し続けると

自分のものに出来ます。

これを取得時効といいます。


占有しなければならない期間

 @ 占有開始時に人のものだと知らなかった場合・・・10年

   占有開始時に知らないだけでよい。
   途中で人のものだと知っても10年

 A 上記以外の場合             ・・・20年



私が不動産の仕事を始めてから 数万筆の登記簿の閲覧を

していますが

2回だけ、登記理由に取得時効 があるのを見ました。

でも登記をしないだけで 他人の土地を占有していることは

少なくはありません。

あなたの土地も知らない間に占有されて他人のものになって

しまうことのないように。


冒頭の母の差し出した請求書、飲食代金の消滅時効は1年です。

でも お母さん、その代金 私が払いましたけど。

ただ、ボケとるだけじゃ〜〜〜〜あ!!


posted by ようこ at 23:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 時効 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。